eLC「月例カンファレンス」開催のご案内(10月18日)

イベント

2016/10/06

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)は、下記内容で「月例カンファレンス」を開催いたします。今回は、ニューロサイエンス(脳科学)、ビッグデータ、人工知能、メタ認知をテーマとして取り扱います。皆様のご参加をお待ちいたしております。

【日時】2016年10月18日(火)14:00-16:30(受付開始13:40-)

【会場】ラーニングスクエア新橋 6階 6-B教室 (東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル)
     地図:http://www.ls-shimbashi.com/access/
     
【定員】30名(先着順に受付をいたします)

【参加費】無料

【プログラム】

1.セミナー1 「人材開発におけるニューロサイエンス(脳科学)の動向」

講演者:株式会社ヒューマンバリュー 取締役 主任研究員 川口大輔 氏

概要:
近年、人材開発や教育、マネジメント、働き方の変革などの領域において、「ニューロサイエンス(脳科学)」の知見を生かそうとする取り組みが広がってきています。毎年10,000人近くがグローバルから参加する世界最大の人材開発の国際会議ATD(Association for Talent Development、旧ASTD)においては、2014年より「サイエンス・オブ・ラーニング」という新しいトラックが立ち上げられました。その中では、たとえば「学習とニューロサイエンス」「脳を活用したコーチング」「ニューロサイエンスと従業員のエンゲージメント」など、ニューロサイエンスをテーマにしたセッションが数多く行われていますが、満席で入れなくなるほど人気を博しています。
本講演では、「脳科学が明らかにする大人の学習~ニューロサイエンス・オブ・アダルトラーニング」の訳者の立場から、なぜ今、人材開発に携わる人々にとってニューロサイエンスが重要なのかを探求するとともに、近年のトレンドや、書籍で紹介されているポイントなどをご紹介できればと思います。

※参考書籍
『脳科学が明らかにする大人の学習~ニューロサイエンス・オブ・アダルトラーニング~』
http://www.elc.or.jp/information/books/

2.セミナー2 「ビッグデータ・人工知能・メタ認知」

講演者:教育システム情報学会(JSiSE)会長/日本イーラーニングコンソシアム 副会長/千葉工業大学  教授 仲林清 氏
    http://www.lib.it-chiba.ac.jp/cithp/KgApp?kyoinId=ymkbgyyeggy

概要: 
昨今、ビッグデータや人工知能がマスコミでも盛んに取り上げられるようになっています。ビッグデータの技術的特徴はデータの因果を考えず、有用な相関関係に着目することにあります。一方、人間は概念を用いてものごとの因果を考えます。また,そのような思考過程を自身でコントロールするメタ認知の能力を持っていて,21世紀型スキル育成の重要なポイントになっています。人工知能の機械学習も大量のデータを分類する能力を学習しますが、近年のディープラーニングの技術により、人間のような概念獲得が行える可能性が出てきました。また、過去に知識獲得がネックとなって実用化に至らなかった各種の人工知能応用技術が再び復活する可能性も示唆されています。
本講演では、ビッグデータ、人工知能の技術の要点を人間の思考・学習と対比し、それらがどのように学習支援の役に立つか、また、そのような技術開発を行う際の可能性と問題点を議論するきっかけを提供したいと思います。
※本講演は、8月29日に行われたJSiSE全国大会での基調講演をベースにした内容となります。

3.展示会「ラーニングテクノロジー2017」に関するご案内

4.連絡事項、その他

【タイムスケジュール】
13:40:受付開始
14:00-15:00:セミナー1(60分間)
15:00-15:10:休憩(10分間)
15:10-16:10:セミナー2(60分間)
16:10-16:30:展示会「ラーニングテクノロジー2017」に関するご案内・連絡事項・その他
-----------------------------------------------------------
【参加申込】下記申込フォームにご記入ください。

          □□申込フォーム□□
-------------------------------------------------------------

【お問い合わせ】
日本イーラーニングコンソシアム事務局 お問い合わせフォーム

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。