形成的評価と総括的評価(けいせいてきひょうかとそうかつてきひょうか)

教育の評価・改善の方法論である。
形成的評価とはカークパトリックのレベル1およびレベル2の評価項目により、教育結果を評価し、改善すべき点を教育目標、教育内容、教育材料、教育運営など教育企画以降のプロセスに反映させ、教育コースの改善のサイクルを廻すための評価プロセスである。対して総括的評価とはこの教育プログラムの存在価値を評価するという視点からの評価法である。具体的にはカークパトリックのレベル3およびレベル4から評価項目が決められ、主としてこのプログラムは役に立つ場面はあるのか、そして教育の結果、組織に貢献するパフォーマンスを果たせるのかという視点で評価する。別の言い方で云えば、教育プログラムで教えていることが現場で使うことがない、若しくは学習しても狙いとする成果が上げられないということであればその教育プログラムを存在させる意味は無いのであって、教育プログラムそのものを削除するというような評価プロセスである。ただしこの形成的評価と総括的評価による評価法は企業内教育の中堅教育やエキスパート教育に適用する評価法であって、高等教育のリベラルアーツの教育や企業内教育の新人教育に適用する教育評価法ではない。

[関連キーワードリンク]

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。