• HOME
  • 新着ニュース
  • 米国の「Tin Can API」導入企業事例も紹介! eLC「月例カンファレンス」開催のご案内(10月15日)

米国の「Tin Can API」導入企業事例も紹介! eLC「月例カンファレンス」開催のご案内(10月15日)

イベント

2014/10/02

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)は、下記内容で「月例カンファレンス」を開催いたします。皆様のご参加をお待ちいたしております。

【日時】2014年10月15日(水) 13:30-15:50 (受付開始13:10-)

【会場】「Learning Square 新橋」 4階 4-C教室
    東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル  地図:http://www.ls-shimbashi.com/access/

【定員】30名

【参加費】無料

【プログラム】

<1>会員プレゼンテーション (40分間)

eLC会員をご紹介する「会員プレゼンテーション」。今回は10月より新しく入会された、2社によるプレゼンテーションです。

・クロスコ株式会社 殿   http://www.crossco.co.jp

・トーマツ eラーニング ソリューションズ株式会社 殿   http://www.tohmatsu.com/jp/tls


<2>「月例カンファレンス」セミナー (80分間)

タイトル:「eラーニングの明るい前途」

内容:
欧米の企業の人材育成において、この10年の間にeラーニングは様々に変遷しました。変遷の大きなドライバーであった「ベービーブーマーからジェネレーションXとYへの世代交代」が一段落した現在、Tin Can API(Experience API)の出現のおかげで、今まで効果測定が難しいと言われていた
インフォーマルラーニングとソーシャルラーニングが測定できるようになり、フォーマル研修と連結しながら、企業業績を顕著に向上している企業が増えています。
このような企業事例を2−3ご紹介し、今後のeラーニングのトレンド、将来のドライバーであるジェネレーションZについて話し合います。

講師:きよみ・山崎・ハッチングス氏

シリコンバレー在住、1992年に自らCrossTech社を設立。 
日米ビジネスに関連したコンサルテ―ションの他、ハイテク業界でグローバル・カンパニーとして成功するためのノウハウ、情報、コミュニケーション・スキル 等を入れた企業向け研修プログラム、ビジネスセミナー等を日米で開催している。
アメリカでの先端的なe-Learning活用状況について調査・研究を続けている。

2003年~2014年の10年余にわたり、eLCサイトで「海外のeラーニング事情」を連載。
http://www.elc.or.jp/information/archive/from_overseas/


<3>お知らせ、報告 (10分間)


【タイムスケジュール】
13:10 受付開始
13:30-13:50 会員プレゼンテーション(クロスコ株式会社殿)
13:50-14:10 会員プレゼンテーション(トーマツ eラーニング ソリューションズ株式会社殿)
14:10-14:20 休憩
14:20-15:20 「月例カンファレンス」セミナー
15:20-15:40 「月例カンファレンス」セミナー 質疑応答
15:40-15:50 お知らせ、報告



-----------------------------------------------------------
【参加申込】下記申込フォームにご記入ください。

          □□申込フォーム□□
-------------------------------------------------------------
 
【お問い合わせ】
日本イーラーニングコンソシアム事務局 お問い合わせフォーム
  • HOME
  • 新着ニュース
  • 米国の「Tin Can API」導入企業事例も紹介! eLC「月例カンファレンス」開催のご案内(10月15日)

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。