• HOME
  • 新着ニュース
  • 2013年9月【月例カンファレンス】動画・資料ダウンロードのご案内

2013年9月【月例カンファレンス】動画・資料ダウンロードのご案内

セミナー

2013/11/14

2013年9月に行われたeLC「月例カンファレンス」の動画・資料を公開いたします。
 
■日時:2013年9月18日(木)
■会場:「Learning Square 新橋」 5-C教室
 
■プログラム
【1】「最近の調査データに基づくeラーニングの最新トレンド」
 
eラーニング戦略研究所/株式会社デジタル・ナレッジ/eLC広報委員会
所長/執行役員/委員長 小林 建太郎 氏
 
1)小・中・高の生徒、保護者、塾講師に調査したeラーニングの活用実態
2)「企業の知識・情報共有」と「製造業の技術教育」でのeラーニング活用実態
小学生、中学生、高校生はeラーニングで学んでいるのでしょうか?その保護者達は、どう思っているのでしょうか?
子供たちの通っている塾ではeラーニングで教えているのでしょうか?
また、企業内の知識共有や情報共有、製造業における技術教育にはeラーニングはどのように使われているのでしょうか?それらは情報漏洩の心配はないのでしょうか?
eラーニング戦略研究所の一連の調査でこれらの実態が明らかになりましたので発表いたします。
このようにeラーニング戦略研究所では多岐に渡る調査を実施しています。今後は、これらの調査結果がeLCサイトからダウンロードしていただけるようになりますので、皆さまのeラーニングにもご活用ください。
eLCでは、昨今のeラーニングに関する調査ニーズの高まりを受け、継続的に「eラーニング関連調査」を実施し皆様へ公開することを計画していますので、併せてご期待ください。 

 
【2】「「その受講者、本人ですか?」e-Learning コンテンツのライセンスを守り、真の学習成果を!
-サイバーID証明書JCAN-
 
一般財団法人 日本情報経済社会推進協会【JIPDEC】
安信簡情報環境推進部 JCANプロジェクト推進室  客員研究員 御田村 瑞恵 氏
 
電子証明書は、e-Learningコンテンツのアクセス制御に利用できるため、ID・パスワードだけでアクセスさせるよ りも比較的安価に、よりセキュリティレベルが高くすることが可能です。コンテンツ提供者、教員、学習者のそれぞれが不利益にならないようにするために利用 できる技術、「e-Learning ID powerd by JCAN」をご紹介いたします。
  1. e-Learningにおける本人確認の必要性
  2. 破綻してしまったID・パスワードによる認証とその解決策
  3. 電子証明書の用途と「e-Learning ID powerd by JCAN」のご提案
  4. DEMO
  5. ご利用方法
  • HOME
  • 新着ニュース
  • 2013年9月【月例カンファレンス】動画・資料ダウンロードのご案内

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。