eLP「LMS概論/活用技法」コースのご案内

本コースはeLP資格を取得するための教育プログラムの1つです。
(エキスパート、チューター、コンサルタント、ラーニングデザイナー、コンテンツクリエーター 対象コース)
資格取得の詳細については、eLP資格制度のご案内をご覧ください。

※資格取得をお考えでない方でも、本コースの内容について学習したい方にご参加いただけます。
※PC環境、モバイル環境のどちらでもご受講いただけます。

コース概要

組織内にLMSを導入し運用するにあたり必要となるLMSの概要や技術インフラについての知識を習得します。さらに実際にプロジェクト進行で必要となる体制/工程の考え方や運用期のマネージメントについて学びます。

学習対象者

  • エキスパート、チューター、コンサルタント、ラーニングデザイナー、コンテンツクリエイター資格取得を目指す方
  • eラーニングプロジェクトに関わり導入から運用を行う方

ゴール目標

  • LMSを導入する際に必要となるテクノロジや環境を理解する。
  • LMSサービスを提供するにあたり一般的に発生しうるニーズを知り、要件を整理する上で必要な項目を理解し、整理できるようになる。
  • プロジェクト進行の一般的な流れを理解し、マネージメントを行う上で必要な知識を習得する。

プログラム

第1章 LMS概論

  • LMSシステムの概要
  • LMS導入に必要となる環境

第2章 LMS活用技法

  1. 要件の設定について
    ・LMS(受講者)に対する要件
    ・LMS(管理者)に対する要件
    ・LMS(教材製作者)に対する要件
    ・ハードウェア/ネットワークに対する要件
    ・運用サポートに対する要件
  2. プロジェクト進行
    ・工程
    ・システム運用
    ・運用のフィードバック
    ・サポート
    ・体制

【修了課題】

自組織へのeラーニング導入および運用を進めるにあたり、今回学んだことを活かし、LMSの適用/活用の計画を述べた上で、さらに円滑に進めるための工 夫、および技術的に解決しなければならない課題とその対策について、A4サイズ2枚程度にまとめてください。

【課題提出締切】2021年3月1日(月)

課題レポート提出後、講師からレポートの修正を求められることがあります。

講師

吉田 自由児 

株式会社デジタル・ナレッジ
代表取締役 COO テクノロジ・エバンジェリスト

学習方法

本コースはeラーニングによる学習です。
コース終了後に課題を提出いただき、合格すると本コースの修了証を発行いたします。(修了証有効期間は発行日から3年間です)

予想学習時間

eラーニングによる約3時間の学習・ 課題作成

コーディネーター

日本イーラーニングコンソシアム eLP研修委員会

受講一費

一般:15,800円(消費税込10%) eLC会員:12,600円(消費税込10%)

※本コースにお申込みの皆様へ、eLCのメルマガ(eLCメールニュース:eラーニング関連情報)を配信させていただきます。
※KIYOラーニング株式会社様のご協力により「AirCourse(エアコース)」を使用しています。「AirCourse(エアコース)」とは

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。