• HOME
  • 資格取得
  • eLP「プロジェクトマネジメント概論」コースのご案内

eLP「プロジェクトマネジメント概論」コースのご案内

本コースはeLP資格を取得するための教育プログラムの1つです。
(マネージャー、ラーニングデザイナー 対象コース)
資格取得の詳細については、eLP資格制度のご案内をご覧ください。

※資格取得をお考えでない方でも、本コースの内容について学習したい方にご参加いただけます。
※PC環境、モバイル環境のどちらでもご受講いただけます。

コース概要

eラーニングプロジェクトの企画、運営に必要なプロジェクトマネジメントの概論を学びます。

学習対象者

  • マネージャー、ラーニングデザイナー資格取得を目指す人

ゴール目標

  • プロジェクトマネジメントの重要性を把握し、概要を理解する。

プログラム

序論:本講座の前提、目的、構成

「モデル企業」及び「仮想プロジェクト」の紹介

テーマ1:なぜ「プロジェクト」という形式が必要か

「プロジェクト」のタイプ
「プロジェクト」の特徴
「通常業務」と「プロジェクト」の比較
企業経営と「プロジェクト」の関係
「プロジェクト」化の判断
テーマ1に係わる事例

テーマ2:「プロジェクト」の体制と登場人物

大規模プロジェクトの体制
中小規模プロジェクトの体制
プロジェクトオーナー(スポンサー)
プロジェクトマネージャー
プロジェクトリーダー
ワーキングチーム
ステアリングコミッティ(運営委員会)
プロジェクトマネジメントオフィス(事務局/PMO)
テーマ2に係る事例

テーマ3:「プロジェクト」の企画

「企画プロセス」の全体像
1)目的(ゴール/ミッション)の定義
2)成果物/フェーズ/マイルストーンの仮設定
3)ステークホルダの検討/特定
4)ロードマップ(プロジェクト憲章)の作成
5)プロジェクトリストの想定
テーマ3に係る事例

テーマ4:「プロジェクト」の計画

「計画プロセス」の全体像
1)スコープの定義
2)WBSを用いたタスクの定義
3)タスクの担当チームの編成
4)タスクの所要時間の見積もり
5)スケジュールの計画
6)プロジェクト予算の計画
テーマ4に係る事例

テーマ5:「プロジェクトの実行」

「実行プロセス」の全体像
1)進捗管理
2)変更管理
3)課題管理
テーマ5に係る事例

テーマ6:「プロジェクト」の終了

「終了プロセス」の全体像
1)成果物の検収
2)プロジェクト完了報告
3)プロジェクト終了宣言
4)プロジェクト成果の組織への還元
テーマ6に係る事項

テーマ7:プロジェクトマネジャーに求められるもの

プロジェクトマネジャーに求められる役割
プロジェクトマネジャーのスキル/手法
1)チームビルディング
2)問題解決
3)コミュニケーション

結論(まとめ)

※内容は変更される場合があります。

【修了課題】

ご自身が経験したプロジェクトを振り返り、本講座で学んだプロジェクトマネジメントの概要と比較した上で、以下の質問に答えてください。
(字数・提出フォーマットは任意 目安:WordのA4レポート3枚以内)
(1) 当該プロジェクトの目的と目標は何でしたか?
(2) 当該プロジェクトを、本講座で学んだプロジェクトマナジメント概論の観点で振り返った際に、当該プロジェクトで「改善すべきであった」と考えられる項目を最低3項目あげてください。※
(3) (2)のそれぞれをどのように改善していったら良かったかを記述ください。
※該当するプロジェクトが思い当たらない方は、他者の経験したプロジェクト等をインタビューして記述してください。

講師

三城 雄児 

株式会社JIN-G 代表取締役

学習方法

本コースはeラーニングによる学習です。
コース終了後に課題を提出いただき、合格すると本コースの修了証を発行いたします。

予想学習時間

約4時間

コーディネーター

日本イーラーニングコンソシアム eLP研修委員会

受講費用

一般:15,800円(消費税込10%) eLC会員:12,600円(消費税込10%)

※本コースにお申込みの皆様へ、eLCのメルマガ(eLCメールニュース:eラーニング関連情報)を配信させていただきます。
※KIYOラーニング株式会社様のご協力により「AirCourse(エアコース)」を使用しています。「AirCourse(エアコース)」とは

  • HOME
  • 資格取得
  • eLP「プロジェクトマネジメント概論」コースのご案内

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。