河合塾One に「ジンジャーcmi5」サービスを提供開始

サービス

2019/12/11

株式会社ジンジャーアップ

報道関係者各位
プレスリリース
 
2019年12月11日
株式会社ジンジャーアップ
===================================
   河合塾One に「ジンジャーcmi5」サービスを提供開始
===================================
 
株式会社ジンジャーアップ(所在地:東京都墨田区、代表取締役:井手 啓人)は
独自開発の Experience API ( 以下 xAPI ) 仕様・新学習管理システム
「ジンジャーcmi5」サービスを、株式会社河合塾One(所在地:東京都豊島区、
代表取締役:信實 秀則)が運営する、「河合塾One」(※1)に提供開始いたし
ました。
 
「ジンジャーcmi5」は、ADL(※2)が公開している教育訓練用の国際標準規格で
ある xAPI/ cmi5 に準拠した新学習管理システムです。これは、従来の SCORM
(※3)規格では実現できなかった多種多様な機能を実現できる点に特長がありま
す。
1. 内部コンテンツ教材のみに限らず、外部アプリケーションと連動した教育の実
  施が可能。
2. 教材コンテンツを1サーバーのみに設置し、それを利用する複数の学習管理シ
  ステムは、それぞれの用途・権限に応じてアクセスすることにより、教材コン
  テンツの一元管理が可能。
3. ユーザーインターフェースをマルチデバイス対応で自由に構築可能。
4. xAPI 規格による共通フォーマットの学習履歴データを管理するのための
  Experience Record Store( 以下 xRS )(※4)を利用可能。
5. ページ参照や動画教材の視聴履歴等、それぞれのアクションを詳細に取得する
  ことが可能。
 
上記の特長を活用し、今回、下記の機能を実装いたしました。
・外部アプリケーションである AI学習システムと連動
・1サーバーのみに設置された教材コンテンツを、複数の学習管理システムから利用
・学習者やトレーナーが利用しやすいユーザーインターフェースと課金機能
さらに「ジンジャーcmi5」の高機能と拡張性を生かして「河合塾One」の機能
拡張に対応させていくことを計画しております。
 
ジンジャーアップは今後も最先端の EdTech機能を取り入れつつ、教育機関・企業・
官公庁等における多様なニーズに対応できる xAPI サービスの拡大を進めてまいり
ます。
 
(※1)河合塾講師の知見を詰め込んだAIが生徒一人ひとりに最適な問題を提供す
    るWeb教育サービス。
    河合塾One のホームページ  https://www.kawaijukuone.co.jp/
(※2)ADL: Advanced Distributed Learning。米国国防総省内の標準化機関
(※3)SCORM:Shareable Content Object Reference Model
    学習管理システムとコンテンツ間の通信を規定した規格
(※4)ジンジャーアップの商品名。xAPI 規格では LRS ( Learning Record Store )のこと
 
 
以上
                                            
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■会社概要
名称: 株式会社ジンジャーアップ
所在地: 東京都墨田区両国3-25-5 JEI両国ビル4F
代表者: 代表取締役 井手啓人
URL: https://www.gingerapp.co.jp/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
■本件に関するお問い合わせ先
担当 : 前田、落合
電話番号 : 03-6659-2448
E-mail : info@gingerapp.co.jp
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。