• HOME
  • 用語集
  • Community of Practice(実践コミュニティ)

Community of Practice(実践コミュニティ)(community of practice)

あるテーマに関する関心や問題、熱意などを共有し、その分野の知識や技能を、持続的な相互交流を通じて深めていく人々の集団のこと。現代社会で言えば、 職場や学校がこれに当たる。「状況的学習法」を確立させるための構成主体を指して、この「Community of Practice(実践コミュニティ)」という言葉が使われている。「Situated Learning(1991)」の著者、Jean LaveとEtienne Wenger両氏は、「学習者は、この実践コミュニティに参加(正統的周辺参加)することで、単にそこで知識や技能を学ぶのではなく、外部環境と学習者間 の関係が変化すること、学習者の内部環境の変化そのものが学習となる」と言っている

  • HOME
  • 用語集
  • Community of Practice(実践コミュニティ)

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。