教育効果(きょういくこうか)

一般に教育することによってもたらされるアウトプットを教育効果と呼ぶ。企業内教育では、これまで教育そのものを目的として、その効果を具体的に検証しないという傾向があったが、成果主義の導入とともに教育を投資あるいは手段として捉え、その効果の数量的な検証が不可欠との認識が生まれてきた。その考えに立てば、教育の目的は「経営課題の遂行のために必要な人材の開発」であり、そのために必要な教育テーマが選ばれる。そして、教育の実施後に所期の目的が達成されたかどうかを測定、検証する。検証には、アンケートやインタビュー、モニタリングなどの手法がある。測定する項目は、業績の向上が教育によってもたらされたのかどうか、どの程度向上したのかが中心になる。企業内教育をeラーニングで行う場合、対象者全員が短期間に一斉に学べるというメリットがあり、また学習者ごとに異なる内容を学ぶことも可能なので、より個人や組織の状況に応じた教育効果が期待されている。

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。