企業内教育の目的(きぎょうないきょういくのもくてき)

企業内教育は、企業が事業を進めていく上で不足する人的能力を開発するために実施される。従来、企業内教育は、OJTや階層別研修を中心に行われており、職務に必要な知識や技術を上司や教育担当者が教えるというアウトサイド・イン型が中心であった。このため、訓練という色合いが強く、受動的な教育となり受講した内容の応用性や汎用性が低いという欠点があった。
現在、企業で求められている人材はグローバル社会で活躍できたり、事業にイノベーションや価値を創造できる人材である。このような人材を育成するために企業内教育も社員の主体的・能動的学習意欲を高め、実践的な学習の機会を重視したインサイド・アウト型への変革が求められている。インサイド・アウト型の教育形態として、社員が自己の能力やキャリアプランにあわせ、いつでも学習できるeラーニングは教育コスト削減や教育機会の均等化など企業側のメリットも高く、活用が広がっている。

[関連キーワードリンク]

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。