Beyond e-Learning(beyond e-learning)

米国のトレーニングのマネジメントコンサルタント、マーク.J.ローゼンバーグが2006年10月に著した書籍。ICTを活かして仕事の生産性を上げる ことが重要となる時代にふさわしいeラーニングを実現するための理論をまとめている。
ローゼンバーグは、これまでのeラーニングは構造化された知識を学習者に伝える機能に留まっていて、本来の持てる機能を発揮しているとは言えないと指摘 する。学びが仕事の遂行に貢献するためには、仕事の中で必要な情報すべてを必要な形で入手できることが重要だと述べ、それを実現するために検索エンジン、 ネットでのコミュニケーションに使われるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などの活用が必要と主張している。これまでの集合教育の代替手 段的な見方をされてきたeラーニングを超えて、仕事に役立つラーニングになるには、いわゆるフロー情報といわれる種類の情報とコミュニケーション機能を扱 うことが重要であると説いている点が新鮮である。

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。