SCORMアセッサ(scormあせっさ)

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)が認定するSCORM規格と相互運用性ノウハウに習熟したコンテンツ開発技術者をSCORMアセッサといい、eLCが運営するSCORMアセッサを認定する資格制度をSCORMアセッサ資格制度という。eLCでは、SCORMアセッサを対象とした講習の実施やSCORMアセッサ認定を行っている。
SCORMコンテンツの認証では、まずコンテンツ制作ベンダーが自身で、そのコンテンツがSCORMに適合しているかどうかを検査する。検査に合格すればeLCに認証申請し、それを受けてeLCが「SCORM適合コンテンツ」として認定する。また、相互運用性問題が発生した場合にはSCORMアセッサが対処することになっている。
このため、SCORMアセッサには、SCORM適合コンテンツを作成するのに必要なJavaScriptやXMLなどについての知識、SCORM適合コンテンツの申請方法などのほか、相互運用性を向上させるためのポイントの理解、相互運用性問題が発生した場合の対処方法などの知識が必要とされている。

[関連キーワードリンク]

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。