ROI(Return On Investment)(roi)

投資(Investment)に対する利益(Return)のことで、投資対効果、投資収益率などと訳される。
eラーニングのROIは、2~3年ほどのある期間内でeラーニングを導入することで得られる利益を、eラーニングにかかったコストで割ることで簡易的に求められる。企業活動は、ビジネスで収益を上げることが目的で、eラーニングは収益を上げることを効果的に補完する手段のひとつにすぎない。eラーニングの導入も、研修出張費の削減といった部分的な最適化でなく、ビジネスで収益を上げることに対する戦略的な意思決定として行われるべきだと言われるようになった。
このような企業全体を経営的、財務的な観点から見る際にROIは有効な指標になる。eラーニングへの投資がどれだけ経営利益や収益に結びつくのかを評価し、投資の戦略的な意思決定を行うためにROIが重要なテーマとなっている。投資対効果の評価に熱心なアメリカでは、教育の投資効果の事例研究が発表されており、今後は日本でもeラーニングのROIがより大きな関心を集めるようになると考えられる。

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。