Peer To Peer(peer to peer)

ネットワーク上で対等な関係にあるコンピュータ間において、相互に直接接続、データを送受信する通信方式のこと。また、そのような方式を用いて通信するソフトウェアやシステムの総称である。P2Pと表記されることも多い。この通信方式の最大のメリットは帯域幅である。通常、アクセス数の多いウェブサイトは、高スペックのサーバ、太い回線、広い帯域幅を用意する必要があるが、Peer To Peerにおいては、アクセスが一つのサーバに集中することはなくネットワーク上に分散するPeer同士でアクセスが発生するため、帯域の負担を一箇所で負う必要はない。特定の利用者間をつないで1対1で音声通話やメッセージの送受信を行うインターネットやメッセンジャー機能、ファイルの送受信など、eラーニングにおいても活用の期待が持たれている。

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。