ASSUREモデル(assureもでる)

インストラクショナルデザインの際に有効なプロセス。Robert Heinich, Michael Molenda, James D. Russell, Sharon E. Smaldinoによって書かれた「Instructional Media and Technologies for Learning」で紹介されており、以下の6項目の頭文字によるものである。
Analyze learners(学習者の分析)、State objectives(目的の明確化)、Select methods media and materials(方法やメディアの選択)、Utilize media and materials(メディアや素材の最適化)、Require learner participation(学習者の参加要求)、Evaluate and revise(評価と改編)

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。