OCW(Open Course Ware)(ocw)

OCWとは、大学等で正規に提供された講義とその関連情報のインターネット上での無償公開活動を言う。
本活動は、2001年に高等教育の教材情報をネット上に無償で公開するOCWプロジェクトがマサチューセッツ工科大学(MIT)で開設されたのがきっかけであり、2007年11月には、約1,800もの科目教材がMITのOCWのサイトで公開されており、その内容は、シラバス、講義ノート、講義動画、試験等多彩である。また、現在、国際OCWコンソーシアムも立ち上がっており、全世界で190校ほどの大学がOCWに取り組んでいる。日本でも20校ほどの大学で構成される日本オープンコースウェア・コンソーシアム(JOCW)がスタートしており、OCWの国内での普及が期待されている。
以下がJOCWによるOCWの定義である。

・OCWとは大学等で正規に提供された講義とその関連情報のインターネット上での無償公開活動です。

・「正規に提供された講義」とは、大学、大学院に在籍している学生の単位取得の対象として実施された講義のことです。基本的に学期単位あるいは通年単位のコースとして提供されたものです。

・「正規に提供された講義」以外に公開講座やその他の特別講義などがありますが、正規に提供された講義のみを提供するものではありませんので付加的にこれらの情報を公開することも含みます。

・「知の集積拠点」である大学等がその蓄積された知の典型的な体系化された情報である「講義」の公開を通じて一層の社会貢献を目指していこうということを基本的な狙いとした取り組みです。

[関連キーワードリンク]

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。