AEN(Asia e-Learning Network)(aen)

2000年10月、日中韓・ASEAN経済閣僚会合で、日本の平沼経済産業大臣(当時)が「アジアIT共通スキル標準化イニシアティブ」を提案し、翌 2001年9月、アジアの経済開発と人材育成を目的とした「アジアeラーニングイニシアティブ」を提案、承認された。これに基づいて日中韓と ASEAN10カ国が「アジアeラーニング ネットワーク」(Asia e-Learning Network、以下「AEN」という。)を形成した。
AENの具体的な活動は以下の3点である。

1) e-Learningに関する最新動向・技術情報等の情報共有
2) e-Learningにかかわるシステム・コンテンツの相互運用性を確保するためのコンセンサス形成
3) e-Learningの利用促進、啓蒙・普及について継続的な協調

2002年度~2004年度の間に「AEN国際カンファレンス」や相互運用性の実証実験、国際ワーキング・グループ活動が開催され「eラーニングに関る 技術情報等の交換」や「標準規格に則ったeラーニングシステムやコンテンツの開発/提供」など種々の成果を収めた。

[関連キーワードリンク]

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。