e-Learning(eラーニング)(e-learning)

パソコンとインターネットを中心とするIT技術を活用した教育システムをeラーニングと呼ぶ。米国をはじめとして世界各国で研究が行われていた CAI(Computer Aided Instruction=コンピュータの支援による教育)は、当初、教材をCD-ROMなどで配布する形体が主流だったが、配布コスト、配布後の内容修正 の困難さ、学習進捗の一括管理の難しさなどの問題があった。
その後、インターネットの普及や企業内ネットワークの広がりによって、教材をインターネットで配信する「WBT」(Web Based Training)や、学習者のコンテンツ管理やスキル目標の設定、学習の進捗状況などを一元的に行う「LMS」(Learning Management System=学習管理システム)を使用したシステムが主流になってきた。
講師と学習者が教室に集まる集合教育は時間や場所が制約されるが、ネットワーク化の進展によって、コンピュータとネットワークさえあれば、そうした制約を受けず、いつでもどこでも学ぶことができるという大きなメリットを獲得した。
その他のeラーニングのメリットとしては、以下の点がある。

・講師の質の違いに学習者が影響されない
・個々の学習進捗状況に合わせて、何度でも繰り返し学習ができる
・学習者の理解度に合ったきめ細かな学習の設定ができる
・最新の内容を早く、安価に配信できる
・多くの学習者に同一の教材を一律に提供することができる
・職場を離れずに学習できるので、集合研修より時間・間接コストの削減ができる

しかし、集合研修がすべてeラーニングに置き換えられるわけではない。ブレンディッド・ラーニング(Blended Learning)と呼ばれるeラーニングと集合研修を組み合わせた学習形態は、eラーニング単独の場合より教育効果が高いという例が多く報告されてい る。eラーニングに適した学習と適していない学習を見極めて、それに応じた学習の形態や方式を使い分けることが重要になる。また、eラーニングは、特に企 業で、教育ツールとしてだけでなく、ナレッジマネジメントやパフォーマンス・サポートのインフラとしても期待されている。

[関連キーワードリンク]

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。