eLP資格制度(elpしかくせいど)

日本イーラーニングコンソシアムが実施する「eラーニングプロフェッショナル」(e-Learning Professional)資格制度。日本でのeラーニングの速やかな普及と、企業や高等教育の現場での有効な活用促進のため、ユーザー、ベンダー双方の eラーニングプロフェッショナルの育成を目指している。
基礎となる『eLPベーシック』、7つの職種で構成される『eLPプロフェッショナル』、更に上位資格の『eLPシニア』、『eLPマイスター』で構成されている。
資格取得のための研修コースはeラーニング戦略の策定から学習の実施、評価に関する実務面まで、系統的、継続的に構成されており、研修コースに参加することでeラーニングに関する最新の知識、スキルを習得できる。

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。