ナゲット(Nugget)(なげっと)

日常職場などで発生する情報や知恵、もしくは教育コンテンツでも数分で終わるような小さな単位の情報をいう。講師は、受講者の理解、定着を進めるために、情報を細分化したり、体系化したり、たくさんの演習問題を与えたりする。適切なサイズの情報を受講者に与えることは、受講者の知識習得に有効といえる。
学習単位である「ラーニングオブジェクト」もナゲットといえる。
同じような意味の用語として、チャンク(Chunk)やコンテキスト(Context)がある。

[関連キーワードリンク]

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。