チャンク(Chunk)(ちゃんく)

本来は「塊、ひとまとまりの意味を形成する単語群」という意味だが、eラーニングでは、短い学習時間で学べるコンテンツという意味で使われる。1回あたりのeラーニングコンテンツとしては10分ぐらいが適切といわれており、学習者の集中力が持続する時間内でコンテンツをまとめることが重要といわれている。コンテンツをチャンク化することで必要なものだけを、必要なときに、必要な人に提供できるようになり、その効果として仕事の内容とタスクに合わせた学習活動ができるようになる。

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。