修了率(しゅうりょうりつ)

学習コースを最後まで受講した学習者の割合。非同期型の学習の場合、学習ペースを学習者の自発性に任せると、期間内に修了しないことが多かったり、全く学習を行わなかったりする場合がある。未修了を減らし、修了率を高めるには、進捗の遅い学習者に上司が学習を促すなどの働きかけを行うことが重要である。LMSには、進捗の遅い学習者に自動的にメールを配信して受講を促進する機能を持っているものがある。また、ASPの場合でも、メンターが学習者の進捗状況を監視し、学習が遅れた場合に、適切なアドバイスや激励メールを送付するサービスを提供するベンダーもある。
修了率を向上させるには他に、メンタリング、チュータリング、ヘルプデスク、Q&Aなどによる受講支援や、コースの単元を短くし、業務の合間も受講しやすくするなどの工夫が必要である。

[関連キーワードリンク]

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。