集合知(しゅうごうち)

集合知とは、多くの人々により集積された大量の知識や情報が集まり、その集まった情報を組織が活用するときに持つ組織の"知"のこと。ICTやWebテクノロジーの発展により、知識や情報を集積しやすくなり、かつ検索エンジンで必要な情報を簡単に引き出せ、かつネット上で情報を共有するソーシャルブックマークなどにより情報の集合と共有が容易にできるようになり、その組織に属する人々の知識レベルが上がることから注目されている。

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。