コンプライアンス(Compliance)(こんぷらいあんす)

法令、ルールや企業倫理(企業や組織活動においても個人、市民として順ずべき道徳規範)を順守すること。多くの企業では、コンプライアンスの専門部署を設け、倫理規程の制定、マニュアルの作成や研修を行っている。また、不正行為や違法行為の発見や防止のために内部通報制度を設けている。公益通報者保護法の制定(2004年6月)、施行(2006年4月)を機に内部通報制度の設置をする企業も増加している。また、経営トップに直結する企業倫理に関する相談、通報窓口(ヘルプライン)を弁護士事務所などに設けているケースもある。ただし、経営者や社員の意識改革が不十分なため、各業界でさまざまな偽装やインサイダー取引、談合、個人情報の流出や不正な持ち出し、非食用米の不正販売などの不祥事や法令違反が起きている。法令や倫理に反する行為は市場などの評価が厳しいため、企業のイメージダウンやトップ交代にとどまらず、倒産や廃業に追い込まれるところも出ている。
このような背景もあり、コンプライアンスに対する教育を自社従業員のみならず、派遣社員やアルバイト、および関連会社まで広げて実施する企業や団体が増えており、法令内容の徹底や事故防止等のためにeラーニングを使って、関係者全員を対象に教育し、コンプライアンス意識を高めている企業等も多い。

[関連キーワードリンク]

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。