e-Book(e-book)

電子化された情報のこと。携帯電話をはじめとする情報携帯端末の画面上で読めるデジタル化された情報群を指す。日本では小説のようなアミューズメントコンテンツの電子化イメージが強いが、e-Book先進国では、科学論文、書籍、マニュアル類など業務や研究に活用するコンテンツの活用や新しい産業として の発展が期待されている。電子ブックリーダーは、各社から発売されているが、独自の規格を利用していたため、互換性がなく普及に足かせとなっていた。近年 ソニーが、大手出版各社で組織されるInternational Digital Publishing Forumが推奨するEpub形式を受け入れるなど、各社の独自形式からオープン化への動きが進んできている。また、米アマゾン社が2007年に発売した 電子ブックリーダー「Kindle(キンドル)」は、米国内で爆発的な売り上げを記録するなど、今後の電子ブック業界の発展が注目される。
書籍情報の電子化に早くから取り組んでいるアメリカなどでは、電子化された専門書やマニュアルをエンタープライズ・ナレッジ・プラットフォームに搭載し、検索エンジンで業務に必要な情報を提供するサービスもある。e-Bookは狭義のeラーニングのコンテンツと非構造化情報のコンテキストとの中間に位置する専門知識の提供手段であり、将来は発展可能性のあるビジネスモデルである。韓国の行政機関ではeラーニングの重要な発展分野として注目している。

[関連キーワードリンク]

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。