• HOME
  • 新着ニュース
  • 次世代SCORM「Tin Can」セミナー動画、テキスト公開いたしました(2013.05.23開催「eLC月例カンファレンス」)

次世代SCORM「Tin Can」セミナー動画、テキスト公開いたしました(2013.05.23開催「eLC月例カンファレンス」)

セミナー

2013/06/06

2013年5月に行われたeLC「月例カンファレンス」で行われた、動画・資料を公開いたします。

■日時:2013年5月23日(木)

■会場:「Learning Square 新橋」 4-A教室

■共催:モバイルラーニングコンソシアム

■プログラム

【1】月例カンファレンスセミナー1 「次世代SCORM「Tin Can」とは何か?」(120分間)

4月26日にVer1.0が公開された次世代SCORM「Tin Can」。
http://www.adlnet.gov/experience-api-version-1-0-0-released
今回の「月例カンファレンス」は、この「TinCan」をテーマとして取り上げました。

(1)「ASTD Tech Knowledge Tin Can セッション報告」
  スピーカー:株式会社ビジネス・ブレークスルー
        システム開発部 マネージャー 原 秀文 氏

概要:
2013年2月に米国サンノゼで開催されたASTD Tech Knowledge2013に参加し、
Tin Canの開発者のセッションに参加した報告を行います。
Tin Canは次世代SCORMと言われていますが実際は大きく異なる考えで作られています。
Tin Canの概要と現地でTin Canがどのように紹介されているかなど、
写真やデモを交えてお伝えいたします。
 


(2)「SCORMからTin Canへ -eラーニング標準規格の過去と未来-」
  スピーカー:日本イーラーニングコンソシアム執行委員長
        千葉工業大学教授 仲林 清

概要:
ADLが次世代SCORMとして提唱するTinCanについて、eラーニング標準化の流れや、
より幅広くeラーニングを取り巻く技術環境・ビジネス環境の変化から見たときの
位置づけ・意味を考えてみたいと思います。
Tin Canは、従来のSCORM APIを包含する幅広い規格であるとともに、
その柔軟性によって、従来のSCORMでは難しかった新たな付加価値をeラーニング技術や
ビジネスにもたらす可能性があることを述べます。



 
  • HOME
  • 新着ニュース
  • 次世代SCORM「Tin Can」セミナー動画、テキスト公開いたしました(2013.05.23開催「eLC月例カンファレンス」)
pagetop.png

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。