日本eラーニングコンソシアム(eLC)とは?

特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム(略称 「eLC」、呼称「エルク」)は、eラーニングの普及促進を目的に、発足した団体です。標準化の推進活動やガイドラインの作成に加え、 eラーニング関連の情報提供、 eラーニング・システムの構築や運営管理に関する教育、 eラーニング・システム及びコンテンツに関する標準化の認定、 などを活動の柱としています。eラーニングの成果を最大限に生かすためのノウハウの開発、情報の発信をめざしています。

「日本eラーニングコンソシアム(eLC)」 6つの事業

  1. 調査事業
    eラーニングに関する先進技術、インターネットなどの情報通信技 術を利用した教授法、情報化社会・知識社会における新しい人材育 成動向、標準化動向、運営ノウハウ、コンテンツ品質測定、評価方法、マーケット情報などに関する国内、国外の状況の調査。
  2. 認定事業
    eラーニング専門家の資格認定。標準化ガイドラインに基づくeラー ニングコンテンツやeラーニングシステムの認定、およびそれらの品 質に関する認定。
  3. 研究開発事業
    eラーニングに関する技術、コンテンツ等の標準化関連事項に関する研究、教育工学関連、運営技術関連の実用化技術開発、実証実験。
  4. 交流・提言事業
    国際的視野による国内外の関連団体との交流、協力活動。行政への提言および政策実践支援。
  5. 教育事業
    eラーニングの活用に必要な知識や技術・技能教育の実施によるeラーニングに係る責任者や担当者の知識・ノウハウの向上、およびeラーニング専門家の育成。
  6. 普及・啓発事業
    上記活動により得られた各種情報の広報、発信とイベントの開催、書籍出版。

「日本eラーニングコンソシアム(eLC)」の主な活動内容

eLCの活動は、執行委員会とその中にある各種委員会を中心に行われています。
会員は委員会メンバーとして参画する事により、情報を受けるだけでなく、日本のeラーニングの発展に貢献する諸活動に直接関わる事ができます。
eLPプロフェッショナル資格制度の研修プログラムを運営する「eLP研修委員会」や日本のeラーニングの標準化を進める「標準化推進委員会」など、活動の拡がりと共に新しいメンバーの参加を求めています。

日本eラーニングコンソシアム(eLC)の活動主旨

eラーニングは、企業においてはオフィスの生産性を向上させる重要な戦略として、また高等教育では教育カリキュラムの充実や新しい教授法導入などの全く新しい活用分野を広げる教育手法として発展しつつあります。

また、個人にとっ ても自宅のPCで好きな時間帯にeラーニングを利用して、仕事上のスキル向上や趣味分野の学習を進めることが可能になっています。そのような背景の中で、産・官・学の力を結集し、継続的にユーザーおよびeラーニング事業者の方々 に積極的な支援活動を推進するために、2001年10月、特定非営利活動法人「日本eラーニングコンソシアム」は発足しました。

私達は、eラーニングに関わる多くの方々が、企業、学校、官庁等の組織の枠を越えてこの活動に参画し、協力し合う関 係を築くことが重要であると考えています。
eLCの活動の中心は以下の3点です。
(1)eラーニング関連情報の取得・調査・研究および提供

(2)eラーニングのユーザーと事業者の方々への啓蒙活動、教育プログラムの開発と教育実践

(3)eラーニング・システムおよびコンテンツに関する標準化技術の研究と標準化推進

沿革

1996年11月 TBTコンソシアム(前身団体)設立
2001年 4月 日本イーラーニングコンソシアム設立
2001年 8月 東京都より特定非営利活動法人として認証
2001年10月 特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム設立

組織

総会

当コンソシアムの最高決定機関です。通常総会は毎年1回開催されます。
活動方針や予算、定款の変更等の重要事項について議決します。

理事会

理事によって構成されます。ガバナンスのための企画立案、戦略等を議決します。

執行委員会

委員会委員長、副委員長によって構成されます。委員会活動を中心として、
執行に関する事項を中心に議決します。

eLP研修委員会

eラーニング人材の育成を目指とし、eラーニング・プロフェッショナル資格を運営します。

カンファレンス委員会

「e-LearningConference」、シンポジウム等を実施し、講演会を通じたeラーニングの最新情報を提供します。

標準化推進委員会

海外との連携をはかりつつ、認証制度、SCORM技術者制度を通じて、SCORM標準規格の導入促進、準拠製品の普及促進・問題解決を行います。

調査委員会

eラーニング関連技術、活用法、海外動向、業界動向などを調査し、報告します。

広報委員会

eLCおよびeラーニングに関する情報発信を、Webサイトやマスコミ活動を中心に行います。

認定委員会

eLP資格の認定を行います。

eLC会員入会のメリットとは?

eLCでは、コンソシアムに参加することによってeラーニングに関連する多くの人が出会い、多くの生きた情報を得て人脈形成や人材育成に役立つことができるような運営を心がけています。

また、eラーニングを普及・推進していく上で非常に重要な要素である

「eラーニング管理者や技術者の育成と活用情報の提供」

「eラーニング関連組織の方々への教育と情報提供」

をサポートしていきます。このために、eLCではeラーニングサービス提供企業に加え、eラーニング活用企業、学校、官公庁および個人にも広く参加を求め、日本でのeラーニング普及に力強く貢献していきます。
日本イーラーニングコンソシアムは、そのために適切な委員会活動を構成し、ユーザーやeラーニング事業関係者のニーズを把握して柔軟に組織した委員会活動で普及活動を展開して参ります。

是非、皆様の参加をお待ちしております。ご一緒に日本のeラーニング文化を広げていきましょう。

正会員(eラーニングおよび関連サービスを業としている企業、学校、団体、個人の方)には

・・・ビジネス発展のための様々なサポートをいたします。

準会員(eラーニング・ユーザーの方)には

・・・eラーニングの利活用に関する様々な情報をご提供いたします

提携・協業の促進

会員間ビジネスの促進をサポート

会員間のビジネス促進のために、事務局より製品情報やセミナー開催情報などを、「eLC事務局通信」等を通じ、他の会員にタイムリーに情報発信します。

ビジネス上の提携・協業の情報交流やチャンスがある

eラーニングに関心をもつ仲間づくりができ、ビジネス上の提携、協業に有利な人脈ビジネスの形成が可能になります。

eラーニングポータルとしてのeLCWebサイト

Webサイトによる情報発信

eラーニングポータルサイトとして関心の高いeLCWebサイトを活用できます。

会員一覧への掲載

各会員のWebサイトへリンクします。

会員情報の発信

主催セミナー、製品、サービスを掲載します。

新製品・サービス情報の発信

製品検索サイトへの登録

活用事例の掲載

会員クローズアップへの掲載(有料)

eラーニング関連の最新情報の収集・発信

  • eラーニングに関連する最新かつ最大の情報を、日常的に入手できる
  • 先進的な導入事例や、製品、サービス情報を迅速に入手、活用できる
  • SCORM規格、および相互運用性に関する豊富な情報収集が出来る
  • 「eLC事務局通信」による、eラーニング関連情報の配信ができる
  • 「e-Learning Conference」で「ユーザー事例」発表の機会がある

その他

  • eLC主催セミナーの参加費割引
  • 協賛展示会での「ユーザー事例」発表の機会

役員構成

理事・監事

会長 加藤 憲治 (株式会社富士通ラーニングメディア)
副会長 仲林 清 (千葉工業大学)
理事 加藤 泰久 (日本電信電話株式会社)
理事 川口 泰司 (サイコム・ブレインズ株式会社)
理事 熊澤 剛 (株式会社ヒューマンサイエンス)
理事 坂本 聡 (サイバーユニバーシティ株式会社)
理事 下山 博志 (株式会社人財ラボ)
理事 首尾木 義人 (株式会社シュビキ)
理事 寺田 佳子 (株式会社ジェイ・キャスト)
理事 長瀬 昭彦 (株式会社WARK)
理事 はが 弘明 (株式会社デジタル・ナレッジ)
理事 花田 隆典 (株式会社プロシーズ)
理事 星野 忠明 (エスエイティーティー株式会社)
理事 本多 成人 (アテイン株式会社)
理事 吉田 俊明 (株式会社ネットラーニング)
監事 櫻井 良樹

名誉会長

名誉会長 小松 秀圀

執行委員及び委員会

執行委員会

委員長 仲林 清 (千葉工業大学)

技術委員会

委員長 星野 忠明 (エスエイティーティー株式会社)

eLP研修委員会

委員長 寺田 佳子 (株式会社ジェイ・キャスト)
副委員長 橋本 賢一 (株式会社富士通ラーニングメディア)
副委員長 合田 美子 (国立大学法人熊本大学)

広報委員会

委員長 小林 建太郎(株式会社デジタル・ナレッジ)
副委員長 後藤 匠  (株式会社forEst)

調査委員会

委員長 小橋 岳史 (株式会社日立製作所)

カンファレンス委員会

委員長 仲林 清 (千葉工業大学)

認定委員会

委員長 下山 博志 (株式会社人財ラボ)

会員増強委員会

委員長 長瀬 昭彦 (株式会社WARK)

「eラーニング・ビジネスライブラリー」実行委員会

委員長 本多 成人 (アテイン株式会社)

「グループ」活動

動画コンテンツ研究グループ

リーダー 高橋 仁(クロスコ株式会社)

マイクロラーニング研究グループ

リーダー 川口 泰司(サイコム・ブレインズ株式会社)

タレントマネジメント研究グループ

リーダー 青山 昌裕(株式会社富士通ラーニングメディア)
サブリーダー 五十嵐 寿恵(株式会社富士通ラーニングメディア)

グローバル人材研究グループ

リーダー 首尾木 義人(株式会社シュビキ)

eラーニング・コンテンツ内製化研究グループ

リーダー 長瀬 昭彦(株式会社WARK)
サブリーダー 石井 幸雄(アイラーニング・ドリームス合同会社)

西日本eラーニングコミュニティグループ

リーダー 小松 理人(株式会社デジタル・ナレッジ)

オープンソースソフトウエア&リソース戦略グループ

リーダー 仲林 清(千葉工業大学)

事務局

事務局長 秋山 敏夫

入会方法

画面下部より、入会申込書をダウンロードして下さい

入会申込書に必要事項をご記入いただき,下記事務局まで郵送願います

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町16-5
新日本橋長岡ビル2F
日本イーラーニングコンソシアム事務局

会員区分

法人会員

正会員年会費200.000円  (eラーニングおよび関連サービスを業としている法人)

準会員年会費 50.000円  (eラーニング・ユーザー、もしくはeラーニングを業としていない法人)

個人会員

正会員:年会費100.000円  (eラーニングおよび関連サービスを業としている個人の方)

準会員:年会費 10.000円 (個人のeラーニング・ユーザー、eラーニングを業としていない個人の方)

eLC 会員案内パンフレット

panf_s.jpgパンフレットをダウンロードできます、下記のダウンロードボタンよりお願い致します。
pagetop.png

eLCメールマガジン購読者募集中

日本eラーニングコンソシアムでは、eラーニングに関するイベント、セミナー、技術情報などをメールマガジン(無料)で配信しております。メールアドレスを記入して『登録』ボタンを押してください。